逆流性食道炎の鍼灸治療

鍼灸治療について
東京都世田谷区の治療院 当院では消化器疾患のかたが大勢にいらしています。鍼灸治療で過剰な水分を体外に排出し、胃の働きと共に体力をつけるようなツボを使って治療します。 鍼灸で内臓の機能を改善して、逆流性食道炎の症状だけでなく、消化器全体の機能が改善され、身体全体の調子も整うようになります。さらに、緩んでいる噴門を引き締めて、胃液の逆流を防ぐ効果もあります。鍼灸治療することによって胃の働きがよくすることで逆流性食道に一番効果があります。消化器疾患に対して、院長が長年の臨床経験と研究で生みだした独自の鍼治療法を行っております。ストレスによる逆流性食道炎の治療は主に自律神経系(交感神経、副交感神経)のバランスを調整する目的です。鍼灸治療をすることによって自然治癒力を引き出し、完治することも多いです。当院で逆流性食道炎の方々の症状を改善したり、緩和されたりすことが多いです。長期間を服用している薬もやめられて、再発しないこともけっこうあります。副作用がない鍼灸治療をぜひ試してみてください。

逆流性食道炎と東洋医学
東洋医学では体内に過剰な水分があると、水毒と言い、内臓が冷えてしまい、胃の中の余分な水が胃液となって逆流し、食道粘膜を傷つけます。 このような逆流性食道炎の症状は、胃腸虚弱だったり、比較的体力のない虚弱タイプの方に多く見られます。 
東洋医学は心因性のストレス等から来る肝鬱気滞は、体内に多くの気が入り特定の部位に溜まり、気がその場で広がろうとする働きを見せます。精神的なストレスがあると、気の流れが悪くなりイライラや不安感が強くなります。その結果、食べ過ぎたり飲みすぎたりして胃酸が必要以上に分泌され、胃の働きが悪くなり、げっぷや胃液の逆流が起きやすくなります。気が消化器気管に溜まっている場合は、「げっぷ」や「おなら」となり、貯留されていた気が体内から放出され、症状の改善が見られます。
胃気により溜まった気を腸に送ることができなければ、お腹が張る膨満感が生じたり、食道から口腔を経て逆流すれば「胸やけ」や「げっぷ」などの症状を呈し、症状が悪化したときには「嘔吐」を伴います。

逆流性食道炎について

逆流性食道炎と西洋医学
逆流性食道炎は、強い酸性の胃液や、胃で消化される途中の食物が食道に逆流して、そこにとどまるために、食道が炎症を起こし、胸やけや胸の痛みなどさまざまな症状が生じる病気です。食道と胃の間にある、噴門という部分が緩むことで、胃液が逆流しやすくなります。逆流性食道炎の原因となる胃液や胃の内容物の逆流は、食事の内容、肥満、加齢、姿勢などによって下部食道括約筋等の食道を逆流から守る仕組みが弱まったり、胃酸が増えすぎることで起こります。以前は、逆流性食道炎は高齢者に多い病気でしたが、最近では肉類を中心とした食生活の欧米化や肥満症の人の増加もあり、若い人にも増えています。 逆流性食道炎の初期症状としては、げっぷや胃の不快感、酸っぱいものがこみ上げる感じなどですが、症状が進んでくると胸やけや胸の痛み、飲み込むときの痛みなどが現れます。 西洋医学では、逆流性食道炎の治療は胃酸の分泌をおさえる薬や粘膜を保護する薬を用いますが、あまり効果のえられないことも多く あります。また、長期間の服用で副作用がでることもあります。

翁鍼灸タイトル
翁鍼灸院メール
翁鍼灸院看板
翁鍼灸治療院トップ > 適応症 > 逆流性食道炎
翁鍼灸治療院は東京都世田谷区鍼灸専門
このホームページの全ての画像と文章の複製および無断転載をお断りいたします。
Copyright c Since 2000 * All Rights Reserved  www.ou-hari.com
鍼灸と針灸