東洋医学(中医学)  > 東洋医学の診察法~脈状

東洋医学の診察法~脈状


病脈の分類
疾病により変化した脈象で主なものに28種ある。
脈位『浮、沈』・速さ『遅、数』・強弱『虚、実』等から分類できる。
以下は常見するもの。

浮類
軽く触れて得られる脈象で、水に漂う木のようで、強く押さえるとかえって無力に感じる。陽、表に属する。
浮脈 浮・中位では触知せず、重按して触れる脈。有力は裏実証、無力は裏虚証。
濡脈
浮いていて細く軟らかい。極めて軟らかい。気血不足。
洪脈 波が押し寄せるようなイメージの大きく有力な脈。気分の熱が強いことを示す。
こう脈
浮大で中空、葱を押さえているようで、出血のとき。
革脈
最初は浮大で速く押すと虚。太鼓の皮按すような感じ。亡血、傷精。
散脈 浮、散にして無力、拍数ははっきりしない。元気離散。

沈類
沈脈は肌肉の下、骨の間にある。浮を取って軽く触れるとわからないが、重く押さえると触れる。
沈脈 軽く取っては分からず、重く取って初めて触れる脈。裏証、気滞を主る。
弱脈 沈で細軟、押さえると絶えそうで、気血不足の脈。
伏脈 沈脈が更に進んだもの。強く押さえて初めて触れる。気血閉塞あるいは激痛の場合。
牢脈 強く取って弦大で長の感じ。中、浮を取っても触れない。寒極腹痛あるいは*ちょうか。

遅脈類
脈拍が緩慢で一息四至〔60回/分〕に満たない脈。
遅脈 一呼吸に脈拍が4以下の場合。有力のものは寒盛、無力のものは虚寒。
緩脈 一呼吸の脈拍が4ぐらいで、ゆったりと落ち着いていて、浮でも沈でもないものは無病の脈である。湿邪
渋脈 脈拍は細く遅く、流れは渋い。気血両虚あるいは気滞血淤の証。
結脈 ゆるやかな脈で、時々止まる。主に陰寒や積滞内阻による。不正脈
代脈
ゆるやかで時々止まるのは結脈と同じだが、止まるのに定まった規則性がある。臓気の衰退


数脈類
脈拍が速く、一息五至〔90回/分〕以上の脈。特徴は脈が速い。
数脈 一呼吸6ぐらいの脈拍。熱証である。小児や運動後の数脈は正常な生理現象である。
疾脈 一呼吸6~7の脈拍、陽盛極陰気竭、元気脱の危象。
促脈 速くかつ中間で止まる。止まる場合、結脈と同じように止まる間隔に決まりがない。気血阻滞または痛腫。
滑脈 脈拍はお盆にのせた玉が転がり流れるような状態。痰、食、実熱である。女性が健康で滑脈の場合は妊娠を考える必要がある。
動脈 脈拍は速く、関部だけ触れ、寸、尺はない。ちょうど豆を押さえたような状態。痛と驚の脈


虚脈類
浮、中、沈、でともに拍脈が細くて、しかも消極的で力のない脈。
虚脈 無力で按じても空虚な脈。虚証一般にみられる。
細脈 沈を取ると脈は糸のように細く、軟らかく弱い。気虚。
微脈 浮を取ると、極めて細くやわらかで、深く押さえるとあるようなないような脈。気血両虚。
短脈 脈の波動の幅が短く、関部だけがよく触れる。気鬱、気滞。


実脈類
浮、中、沈、でともに拍脈が大きい、しか積極極的で力のある脈。
実脈 浮、中、沈すべてを取ってもよく触れ、大きく長く有力な脈。実証火盛
弦脈 力強く、緊張していて弓の弦のような脈。肝病、諸痛、痰飲などを主る。
緊脈 緊張してピンピンし、有力な脈。寒邪、痛が現れる。
長脈 脈の波動の幅が長く、ちょうど竹竿に沿ってめぐるような状態。実証、気逆火盛。

前のページに戻る

翁鍼灸タイトル
翁鍼灸院メール
翁鍼灸院看板
翁鍼灸治療院トップ > 東洋医学 > 診察法~脈状
翁鍼灸治療院は鍼灸専門の治療院
Copyright c Since 2000 * All Rights Reserved  www.ou-hari.com
鍼灸と針灸