翁鍼灸治療院 > 鍼灸のいろいろ  > 難病と鍼灸

  難病と鍼灸治療について

難病に対し鍼灸の役割
東京都世田谷区の治療院 20世紀に入ってから抗生物の登場により、かつて猛威を振った伝染性や感染性の病気は、劇的に減った。しかし、同時に新たに出現した病気が徐徐に人々の生活を脅かすようになってきた。その中のいくつかは、すでに死亡原因の上位を占めるようになってきている。それは難病と呼ばれ、西洋医学の攻撃目標であり、最も頭を悩ませている病気である。そして、古くから中国医学(中医学)と中国針灸は難病治療の有効性と潜在力をますます発揮し始めている。難病は、薬ではなかなか治らない方も多く、慢性的な疾患としてあきらめていらっしゃる方もいるかもしれません。鍼灸では、直りにくい難病に対する治療も期待できる。現在の難病治療では、やはり現代医学が中心となるが、その病気の原因がよく判っていなかったり、西洋医学で有効な治療法がない場合、それを助けるのが東洋医学であり、鍼灸である。鍼灸で完治することはできないものの、症状の改善と進行を遅らせることは可能である。西洋医学との組み合わせにより相乗効果が認められている。

難病と鍼灸治療法
①鍼灸学の診断法:
中国伝統医学では局所的な病気を見るだけではなく、失調した生命エネルギーのバランスや、個々の症状、体質を見る。問診から始まり、脈診、舌診と診たりツボを触診したりして、最後に治療法「証」を決めていく。
②鍼灸治療の意味:
最も重要な作用は全身を調整することである。鍼灸治療は疾病ではなく、患者を治療対象としており、鍼灸で刺激してツボに働きかけ、身体の自然治癒力を目覚めさせて疾病を回復させる。難病の治療に重要な意味を持つ。
③鍼灸の臨床:
鍼灸治療は多くの臨床実験と実験観察によって、全身に対する作用であることがわかっている。針灸は全身の器官系統、神経、呼吸、心臓血管、消化、血液、内分泌、免疫などを調整し、いろいろな難病に働きかける。例えば、鍼をすると大脳皮質中の対応した神経細胞が興奮することから、脳出血の後遺症、脳性麻痺などに針灸治療が効くことの説明ができる。また鍼灸は恐らく視床下部と脊髄路の連絡部分の助けを借りて造血作用を調整し、血液の貯蔵と排出のプロセスを調整することで多くの血液疾患を治療できる。 また、簡便の針灸療法には良好な相乗作用がある。いくつかの治療法を同時に使って一つの病気を治療すればよりよい効果を得られる。例えば、抗癌剤で癌を叩きながら、針灸を使って免役を高めれば、がんを縮小させたり、癌によって起こる痛みを慎めたり、化学療法によって起こる副作用を弱めることが出来る。

  翁鍼灸治療院の難病鍼灸治療

当院は難病に対して鍼灸治療に力を入れています。適応症の中で神経疾患や難病の治療は得意分野です。中国医学(中国の伝統医学)の理論に基づいて、難病のの方にとって常に一番良い治療をご提供いたします。院長が長期間の臨床経験と研究で生みだした鍼灸治療法を行っています。また、中国最新の難病に対する鍼治療法を研究し、積極的に取り入れ、それを日本鍼灸と融合させ、効果をあげています。難病の鍼灸治療は高度な専門知識と熟練した手技が必要となります。アミロイドーシス、間質性肺炎、強皮症、筋萎縮性側索硬化症、シェーグレン症候群、 重症筋無力症、脊髄小脳変性症、多系統萎縮症、多発性硬化症、大脳皮質基底核変性症、再生不良性貧血等の難病で悩んでいる方がぜひお気軽にご相談ください。

  • 鍼灸院ブログ
翁鍼灸タイトル
鍼灸院のメール
翁鍼灸院看板
翁鍼灸治療院は世田谷区経堂
Copyright c Since 2000 * All Rights Reserved  ousinkyu.com
鍼灸と針灸