鍼灸治療についてよくあるご質問

どうすれば予約できますか?
当院は完全予約制となっております。事前にお電話またはEメールにてご予約の上、ご来院いただけますようお願いいたします。
  急ぎの方はお電話にてご予約ください。TEL: 03-5450-4189
(メールでのご予約は4日前にお願いいたします)

ご予約をお取りした時間に間に合うよう少し余裕を持ってお越しください。初めてお越しのかたはカルテの記入や問診など、時間が多少かかりますので、治療時間の20分前にお越しいただきますよう、お願いいたします。

前のページに戻る

治療後はお風呂に入ってもかまいませんか?
現在の鍼や灸は体に傷をつけることがありませんので、入浴は特に問題はありませんが、特別に入浴に関して治療上の指示があった場合は控えて下さい。例えばぎっくり腰や捻挫など、急性の疾患で患部に炎症を起こしている場合は入浴を控えてください。

前のページに戻る

どんな格好で治療を受けますか?
症状によって患部だけの治療もありますが、東洋医学の考えで全体治療が行われることも多いです。したがって背中や足などツボを使って鍼灸治療するですから、女性の場合は着替えをしていただく場合もあります。(治療用の着替えは当院でご用意しております)。

前のページに戻る

鍼で病気に感染することはないですか?
当院は、使用している鍼は9割のかたがディスポーザブルタイプ(使い捨て鍼)で、1割のかたが特別注文の個人専用鍼です。鍼以外の用具にもすべてオートクレーブ(高圧滅菌器)による滅菌を行っています。保健所の滅菌法・消毒法の基準に従っております。エイズや肝炎など感染の心配は全くありません。ご安心ください。

前のページに戻る

西洋医学との併用は大丈夫ですか?
西洋医学との併用は基本的に問題ありません。薬の服用と鍼灸を併用することで、症状の改善を早めたり、薬の副作用を軽減したりする場合もあります。また、なるべく薬は使用したくないというお気持ちで治療室に来院される方も少なくありません。西洋医学との併用は場合によって相乗効果が認められていますが、 症状、病状によってことなりますので、お気軽にご相談ください。

前のページに戻る

鍼灸治療間隔はどのぐらいでいいですか?
症状によって違いますが、突発性疾患や症状と痛みが強い場合はあまり間隔を空けずに続けた方が効果的です。難病や慢性疾患の方は週1~2回で、健康管理や病気の予防などは月1~2回でいいと思います。鍼灸師により考え方は様々です。よく相談した上で治療を受けましょう。

前のページに戻る

なぜ問診以外に舌色と脈をみるのですか?
東洋医学は脈や舌色を見るのはとても重要な診察法の一部です。体の状態や体質などを知ることができ、治療の重要なポイントになります。舌の色や形、苔の状態などを診ることで、体質などがわかります、例えば舌が赤い色であれば身体の状態が熱に傾いている可能性が高くなります。脈診では西洋医学では脈の速さだけですが、東洋医学ではそのほかに脈の強さ、かたち、脈が浮いているか沈んでいるかなどを診ます。例えば風邪の初期では脈は浮いてきます。

前のページに戻る

はじめて鍼灸治療を受けられる方は→鍼灸治療の流れを参考してください。
鍼灸ついてもっと詳しく知りたい方は→鍼灸のお話のページをご覧ください


  • 鍼灸院ブログ
翁鍼灸タイトル
翁鍼灸院メール
翁鍼灸院看板
翁鍼灸治療院は世田谷区経堂
Copyright c Since 2000 * All Rights Reserved  ousinkyu.com
鍼灸と針灸