パーキンソン病について

パーキンソン病とは

パーキンソン病パーキンソンの原因は、1817年James Parkinsonによってこの病気が始めて記載されてました。1892年Charcotはこの病気をパーキンソン病と名付けました。中年以降になって中脳の黒質と大脳の基底核と呼ばれる部分の神経細胞の変性によって起こる疾患です。主な症状は安静時の振戦 ・ 筋の固縮 ・ 動作緩慢 ・ 姿勢保持障害などあります。
パーキンソン病の病因
脳の中の黒質という部分の神経細胞の数が減ることが原因です。この神経細胞は、ドーパミンという神経伝達物質を線条体という部分に送っています。また線条体にはアセチルコリンという神経伝達物質もあり、ドーパミンとアセチルコリンをもった細胞が線条体でバランスよく働き、筋肉に運動の指令を出しています。黒質の神経細胞の減少により、線条体に十分にドーパミンを送れなくなり、その結果、パーキンソン病の症状ドーパミンとアセチルコリンのバランスが崩れ、これがパーキンソン病の色々な症状の原因と考えられています。また、この細胞の中に多数のlewy小体が出現してきます。病の病理は黒質の変性ですが、なぜ変性するか判っていません。西洋医学ではドーパミンを使ってパーキンソン病の症状をある程度改善できますが、進行を止めることはできません。
パーキンソン病の発病率
は年々増えてきています。いまおよそ2,000人に1人(65歳以上では500人に1人)の方がパーキンソン病に罹るという発病率の高い病気で、患者さんは年をとるに従い増える傾向にあります。中年以降に発病する患者数の多い病気です。パーキンソン病は、20代、30代に発病する若年性パーキンソニズムを除いて、普通は40~50歳以降に発病し、ゆっくりと進行する神経変性疾患です。

パーキンソン病の主な症状と原因

パーキンソン病の振戦パーキンソン病の症状
(一)振戦
片方の手・指で始まって、だんだん拡がっていきます。 静かにしているときに起こり、丸薬を丸めるような指をすりあわせるような動きをします。精神的に緊張すると振戦が強くなります。動作時には軽くなります。

(二)無動・寡動
日常の動作が遅くなります。歩いたり・服を着たり・会話をしたり・寝返りをしたりなどの日常動作に支障をきたします。パーキンソン病の無動歩行時の第一歩を踏み出すのが困難になります。仮面様顔貌をしめします。

(三)固縮
関節を曲げさせようとすると、筋の緊張が強くて歯車のように(あるいは鉛管のように)ガクガクと抵抗を感じます。

(四)姿勢異常
立っているときに押されても、元に戻ろうという反応が鈍くなり、まっすぐに倒れたりします。また、押されたりしたときや・坂道などでは止まれなくなって、なにかにぶつかるまで突進する突進歩行もみられます。 パーキンソン病の姿勢異常

(五)自律神経症状
流えん(よだれ)、嚥下障害、便秘脂顔、発汗異常、頻尿 、起立性低血圧、手足の循環障害と現れることがあります。

(六)精神症状
うつ病、知能低下、幻覚がでてくることがあります。20-60%に痴呆が現れます。

パーキンソン病の日常生活注意点

(一)適度な運動や体操で身体をほぐす
息が切れるような激しい運動は交感神経を興奮させることがありますので、軽い運動で心地よいと感じる程度はいいです。近所を散歩したり音楽にあわせて簡単な体操をしたりしてよいと思います。
パーキンソン病治療

(二)気分転換を
不快な気分を転換する方法を考えましょう。部屋の模様を変えたり、趣味を変えてみたり、好きな音楽を鑑賞するなど。

(三)パーキンソン病の入浴法
入浴することによって、身体を温めて、血流がよくなって、疲労感や筋肉のこわばりもある程度が軽減します。暑いお湯を避けて、37度~38度くらいのぬるめの風呂にのんびりとつかるようにしましょう。

(四)便通をよくする パーキンソン病の人の大半は便秘がちで、自律神経のバランスが崩れやすいので、なるべくリラックスして、緊張を和らげ、胃腸の動きをよくします。また、食物繊維が豊富な食事を取りましょう。パーキンソン病の

(五)転ばない工夫を
パーキンソン病は進行するにしたがって、転ぶ事が最も怖くなると考えられますが、原因はパーキンソン病の主な症状の一つ「筋の固縮」によるものと考えられます。転ぶと大けがをすることが多いので、室内に掴みやすい手すりを作ったり、なるべく段差をなくして転ばない工夫しましょう。外出するときは時間に余裕を持って出かけましょう。

上に戻る

翁鍼灸タイトル
翁鍼灸院看板
パーキンソン病のタイトル
翁鍼灸治療院は鍼灸専門の治療院
このホームページの全ての画像と文章の複製および無断転載をお断りいたします。
Copyright c Since 2000 * All Rights Reserved  パーキンソン病
鍼灸と針灸