顔面神経麻痺の鍼灸治療について

顔面神経麻痺についてテレビで解説 当院には全国各地から大勢の顔面神経麻痺の患者が通院しています。20年以上の顔面神経麻痺の鍼灸治療実績があります。最先端の鍼灸治療法で、多くの顔面神経麻痺で悩んでいいる方々から喜びの声をいただいております。院長の翁孟進が長年の臨床経験と研究で生みだした独自の治療法を行います。常に海外から新しい鍼灸治療法を積極的に取り入れることによって治癒率をより高めています。鍼灸治療は特に末梢性顔面神経麻痺に対しては効果的であるといえます。当院の最も得意な分野に挙げられます。麻痺を発症したばかりの方や病院では回復がはかばかしくない方も鍼灸でよい効果をあげています。早期に鍼灸治療をすることによって、神経をよりはやく取り戻し顔面神経麻痺の後遺症を残さないか、もしくは軽度にとどめられる可能性が高いです。また、一般的にベル麻痺に比べ、ハント症候群の予後はあまりよくないと言われておりますが、治癒に至るかたも大勢います。

鍼灸治療と治療時期について

顔面神経麻痺の治療法 顔面神経麻痺に対して鍼灸院によって様々な鍼治療法がありますので、まず治療経験豊富な鍼灸師を慎重に選んだほうがいいでしょう。大勢の麻痺の方を鍼治療してきた鍼灸師はよりよい効果をあげやすいといえるでしょう。症状や発病の時期によって治療法が変わることがあります。特に発症の初中期は低周波を使っての電気鍼など強い刺激は避けるべきです。病的な共同運動など後遺症が出現しやすくなることがあります。鍼灸は主に自然治癒力を活かして、麻痺された神経を早期回復することに主眼がおかれます。
顔面神経麻痺は自然に治ることもあります。しかし、麻痺の程度や治療法、治療開始時期などによって、予後に大きく影響することがあります。顔面神経麻痺は早期治療が大切な病気ですので、一般的に発症して一周間前後から鍼灸治療するのがベストだと言われています。発症初期は病院と並行しての鍼灸治療をお勧めします。鍼灸はすぐれた治療法ですが、効果は100%であるとはいいきれません。症状や場合によっては、専門病院の医師の治療と併用して頂くことにより、相乗効果も認められます。鍼灸を使うことで治癒率を高め、短期間に回復して後遺症を防ぐことが可能です。鍼灸治療を選択肢の一つとして提示される専門病院の医師もいらっしゃいます。

顔面神経麻痺になったらどうすればいいか?

麻痺にかかったら病院では何科に行けばよいか、またどんな治療法をすればよいのか迷っている方々が多いと思います。一般的にまず耳鼻科へ行きます。 必要なら脳神経内科などが紹介されます。脳血管障害(脳梗塞、脳内出血)による中枢性の顔面神経麻痺が疑われる場合は、CTやMRIの検査を行います。また帯状疱疹のウイルスによるハンド症候群の場合は血液を検査することもあります。病院で行う主な治療法は最初副腎皮質ステロイドや抗ウイルス剤の点滴、また経口副腎皮質ホルモン剤を服用し、10日後に血流改善剤、ビタミン剤や神経賦活剤などが薬が処方されます。病院によっては顔面神経減荷術の手術や星状神経節ブロックなどを行うところもあります。手術の後遺症を伴うなどのリスクが高いですし、因果関係はまだはっきりしていないということで、現状ではよい治療法とは言いきれません。

タイトル
顔面神経麻痺のタイトル
鍼灸院のトップ
翁鍼灸治療院は鍼灸専門の治療院東京都世田谷区
このホームページの全ての画像と文章の複製および無断転載をお断りいたします。
Copyright c Since 2000 * All Rights Reserved  www.ousinkyu.com
鍼灸と針灸