当院が使っている鍼とお灸


鍼(ハリ)
当院では毎回日本製の使い捨てのディスポーサブル鍼を使っています。日本で最も有名な鍼メーカーセイリン社のディスポーサブル鍼です。安全で感染症の心配はございません。

温灸(漢方灸)
原料は「よもぎ」の生薬名は艾葉(ガイヨウ)です。よもぎの葉を乾燥させて加工したものをお灸として使用します。お灸は、体のつぼ(ツボ)に温熱刺激を与えることで、人の持つ自然治癒力を高める治療法です。
(顔面麻痺の症状によりお灸を使わない場合もあります)



鍼灸(針灸)の特徴

 鍼灸(針灸)の歴史
 鍼灸について初め記載されたのはいまから約2000年前です。 鍼灸治療の経験はそれより数千年はさかのぼると言われています。中国文明の発祥地である黄河で生まて、最初は竹や石器などを使用し、金属の発明により金属の鍼を使うようになったのです。

 鍼灸(針灸)は自然治療である
 西洋医学は(科学としての医学)です。これに対して鍼灸医学は自然の医学と言われています。厳しい自然の中で病気と戦って得た経験、膨大な臨床数に基ずく結果の集大成です。

 鍼灸(針灸)は経験療法である
 古代中国人が外傷を受けたり、痛みを覚え本能的にその部位に手を当て、圧したり揉んだり、あるいはなめたり、さらには泥をぬったり、木の葉を張ったりしたと思われます。やがて文明が進歩し、火を利用し、磨製石器を使用するようになると金属製の針が治療に応用されることになり、時間の経過と共にそれらの経験が集積されていったと考えられています。

 古代思想の影響をうけている
 古代の中国文明が一つの頂点に達した時期(中国では戦国時代から前漢まで)に医学の最も新しい体系化された思想の影響を受けました。それは陰陽論、気の思想などであり、それらにより、東洋医学理論の原点となっています。

 当院の鍼治療方針
当院は東洋医学の鍼灸理論に基づいて、常に海外や鍼灸の本場中国から最先端の鍼灸治療の技術を積極的に取り入れています。院長の翁孟進が長年の臨床経験と研究で生みだした独自の顔面神経麻痺の鍼灸治療法を行います。最善の鍼灸治療を心がけて提供しております。

東洋医学の考え方

東洋医学では顔面神経麻痺の原因と病理は、ストレスや過度の疲労などが原因で体力と免疫力が低下して、身体の中の生気(抵抗力)が不足して脈絡が空虚になり、外表を防衛できなくなるため。風邪・寒邪・熱邪が虚に乗じて、顔面を支配している主な脈絡に陽明、少陽という脈絡を侵入して起きます。脈絡の流れが悪くなると筋肉が麻痺を起こします。東洋医学には鍼灸・漢方・気功・整体があります。顔面神経麻痺に対しては鍼灸治療は最も効果をあげられます。まず針灸治療によって身体の中の邪気を取り除いて、経絡を活性化して、温灸で血気が疎通するようにします。それによって麻痺した神経の働きが徐々に回復していくと考えています。

タイトル
顔面神経麻痺のタイトル
鍼灸院のトップ
翁鍼灸治療院は鍼灸専門の治療院東京都世田谷区
このホームページの全ての画像と文章の複製および無断転載をお断りいたします。
Copyright c Since 2000 * All Rights Reserved  www.ousinkyu.com
鍼灸と針灸