足の少陰腎経



tr>
WHO
表記
ツボ名 場所 こんな時に使う ツボの由来
KI-1
湧泉
ゆうせん
足底中線上で、上1/3の陥凹部に取る。 足・腰・下腹部の冷え、足指痛、頭痛、不眠、高血圧、熱中症、失神 「湧」は底から水が噴水のように湧き出る様。腎経の脈気が湧き出ることから名づけられた。
KI-2
然谷
ねんこく
足内側縁、舟状骨粗面の後下縁に取る。 足指痛、婦人病、泌尿器・生殖器系疾患、片麻痺、足の冷え 舟状骨を然骨といい、そのくぼみにあることから。
KI-3
太渓
たいけい
内果頂点の後方で、後脛骨動脈拍動部に取る。 足指痛、片麻痺、泌尿・生殖器系疾患、婦人病 内踝の大きなくぼみにあるため、湧泉から流れ出た、腎の気の流れがここで一つに集まり、大きな渓流となり、海へ注がれるから。
KI-4
大鐘
たいしょう
太渓の下5分で、踵骨上縁、アキレス腱の前縁に取る。 内果腫痛、踵痛、足関節障害、泌尿・生殖器系疾患、婦人病、水腫 「鐘」=種。天から賦与されたもの(腎は先天の気。つまりは生まれ持った気を主る)の種。大鐘はまじりけのない精気の種が集まっているところという意。
KI-5
水泉
すいせん
太渓の直下1寸、踵骨隆起の前の陥凹部に取る。 婦人病、踵痛、泌尿・生殖器系疾患 水泉はげき穴(経気が深いところにある)。腎は水の臓=水源。水源が深いところで溢れ出てくるという意。
KI-6
照海
しょうかい
内果直下1寸に取る。 足関節障害、婦人病、泌尿・生殖器系疾患、不眠症、むくみ、アレルギー体質 「照」=光で照らす。「海」=川が一つになる深い場所。陽きょう脈の気が生じるところでもある。
KI-7
復溜
ふくりゅう
太渓の直上2寸、アキレス腱の前縁に取る。 婦人病、泌尿・生殖器系疾患、むくみ、盗汗、下腿の知覚・運動障害、冷え症 「復」は再び戻ること。太渓→大鐘→水泉→照海から再び上行する意味。
KI-8
交信
こうしん
復溜と脛骨内側縁との間に取る。 婦人病、泌尿・生殖器系疾患、盗汗、下腿の知覚・運動障害、冷え症、下痢 腎経は脾経の三陰交穴で交わるという説と生理周期を月信と言い、この経穴が生理不順に有効的という意味の説もある。
KI-9
築賓
ちくひん
太渓の直上5寸、腓腹筋下垂部とヒラメ筋の間に取る。 下腿の知覚・運動障害 「築」=土台を築く。「賓」=主人と並ぶ来客。来客に当たるのが、腓腹筋・ヒラメ筋(もしくはアキレス腱)。その境目に属す為、下腿の痛み等に効果がある。
KI-10
陰谷
いんこく
膝窩横紋の内側、半腱様筋腱と半膜様筋腱の間に取る。 膝窩内側の知覚・運動障害、膝の冷え、婦人病、泌尿・生殖器系疾患 「陰」=内側。膝の内側の谷間にあるという意味。
KI-11
横骨
おうこつ
肓兪の下5寸、曲骨(任脈)外5分に取る。 婦人病、泌尿・生殖器系疾患、下腹痛 横骨は恥骨とも言った。横骨は恥骨の直上にあるため、横骨と呼んだ。
KI-12
大赫
だいかく
肓兪の下4寸、中極(任脈)外5分に取る。 婦人病、泌尿・生殖器系疾患、下腹痛、下痢 「赫」は盛ん、はっきりするという意。この真下に子宮があるため、妊娠すると、ここが大きく膨らむため。
KI-13
気穴
きけつ
肓兪の下3寸、関元(任脈)外5分に取る。 婦人病、泌尿・生殖器系疾患、下腹痛、下痢 腎気が集まるところで、ここに気を凝縮させる。
KI-14
四満
しまん
肓兪の下2寸、石門(任脈)外5分に取る。 婦人病、泌尿・生殖器系疾患、下腹痛、下痢 「四」=四隅に広がるい。「満」=みたす。枠いっぱい。腹部の代表する不調(血・気・食積・水湿脹満)を主治としているため。
KI-15
中注
ちゅうちゅう
肓兪の下1寸、曲骨(任脈)外5分に取る。 婦人病、便秘、下痢、腸鳴、腹痛 この内側には胞宮や精巣があり、腎気が集まるところでここから胞中(子宮)へ注がれるから。
KI-16
肓兪
こうゆ
神闕(臍)の外5分に取る。 婦人病、便秘、下痢、腸鳴、腹痛 「肓」=隠れた部分。横隔膜。「兪」=気の集まったくぼみ。衝脈との交会穴でもあり、婦人科系や消化器系に効果がある。
KI-17
商曲
しょうきょく
肓兪の上2寸、下?(任脈)外5分に取る。 婦人病、便秘、下痢、腸鳴、腹痛 「商」=表裏関係の大腸の五音。大腸の曲弯部。つまり、腸鳴を表わしている。
KI-18
石関
せきかん
肓兪の上3寸、建里(任脈)外5分に取る。。 便秘、下痢、腸鳴、腹痛、嘔吐、腹脹、不妊症 「関」は物が通らないこと。石のように頑固な疾病を通す効果のある穴。便秘や不妊など。
KI-19
陰都
いんと
肓兪の上4寸、中かん(任脈)外5分に取る。 便秘、下痢、腸鳴、腹痛、嘔吐、腹脹 陰の気が集まって上へあがるのが都上がる様なので。胃の近くでもあるので、胃を整える作用がある。
KI-20
腹痛谷
はらつうこく
肓兪の上5寸、上かん(任脈)外5分に取る。 嘔吐、腹痛、腹張、腹鳴、消化不良。 黄帝内経に『谷の道は脾を通ず』とある。水穀(飲食物)を上から下へ流す穴という意味。
KI-21
幽門
ゆうもん
肓兪の上6寸、巨闕(任脈)外5分に取る。 嘔吐、腹痛、腹張、腹鳴、消化不良。 「幽」=暗い。「門」=胃の上口にある。この暗く秘められたところで、腹から胸に経気が流れるため。
KI-22
歩廊
ほろう
第5肋間、中庭の外2寸に取る。。 咳嗽、喘息、嘔吐、食欲不振 「歩」=ゆっくり歩く。「廊」=ぐるりと回る。腎気がぐるりとゆっくりまわりながら、胸中に入っていくことから。
KI-23
神封
しんぽう
第4肋間、だん中の外2寸に取る。 咳嗽、喘息、胸部苦満、嘔吐、食欲不振、乳部の腫脹 「神」=心。胸。「封」=境界線。胸中線の脇にあり、心に近いため。
KI-24
霊墟
れいきょ
第3肋間、玉堂の外2寸に取る。 咳嗽、喘息、胸部苦満、嘔吐、乳部の腫脹 心神の住居である玉堂穴のとなりにあり、「霊」は心の意味。「墟」は土で盛られた高い山。霊墟は胸の高いところにあり、心神と関係しているため。
KI-25
神蔵
しんぞう
第2肋間、紫宮の外2寸に取る。 肋間神経痛、喘息、咳嗽、胸部苦満、心胸痛 心に近い紫宮の両側で、霊墟の上にあり、神霊=心を守っている穴。
KI-26
彧中
いくちゅう
第1肋間、華蓋の外2寸に取る。 喘息、咳嗽、胸部苦満 「彧」=郁。いろどりの意味。この経穴は肺の傍にあり、肺は別名:華蓋である。肺は文郁(華やかないろどり)の府と呼ばれている(肺は君主の車の上の絹の傘の形に似ている)ので、この名がついた。
KI-27
兪府
ゆふ
鎖骨の下縁、せんきの外2寸に取る。 喘息、咳嗽、胸部苦満 「兪」は輸送する。「府」は集まるところ。腎気が足から胸へ運ばれ、最後にここに集結するから。


経絡の名前 読み方
手の太陰肺経 てのたいいんはいけい
手の陽明大腸経 あしのようめいいけい
足の陽明胃経 あしのようめいいけい
足の太陰脾経 あしのたいいんひけい
手の少陰心経 てのしょういんしんけい
手の太陽小腸経 てのたいようしょうちょうけい
足の太陽膀胱経 あしのたいようぼうこうけい
足の少陰腎経 あしのしょういんじんけい
手の厥陰心包経 てのけついんしんぽうけい
手の少陽三焦経 てのしょうようさんしょうけい
足の少陽胆経 あしのしょうようたんけい
足の厥陰肝経 あしのけついんかんけい
督脈 とくみゃく
任脈 にんみゃく

上に戻る


翁鍼灸タイトル
翁鍼灸院メール
翁鍼灸院看板
このホームページの全ての画像と文章の複製および無断転載をお断りいたします
Copyright c Since 2000 * All Rights Reserved  www.ou-hari.com
鍼灸と針灸