手の太陽小腸経



WHO
表記
ツボ名 場所 こんな時に使う ツボの由来
SI-1
少沢
しょうたく
小指尺側爪甲根部、爪甲の角を去ること1分に取る。 小指麻痺、咽喉炎、耳鳴、頭痛、失神 「少」は小と同意で小腸経であり、小腸経の最初の経穴のため、気血が潤沢にあるという意味。
SI-2
前谷
ぜんこつ
第5中指節関節の下、尺側陥凹部に取る。 尺骨神経麻痺、発熱、咽喉炎、耳鳴、頭痛 「前」は前方で、第5中手指節関節の前方。「谷」は谷あいで、骨と肉にはさまれた陥凹部のこと。小腸経の榮穴。
SI-3
後渓(後谿)
こうけい
第5中指節関節の上、尺側陥凹部、手を握ってできる横紋の端に取る。 頭痛、項強、肩こり、尺骨神経麻痺、腰痛、寝違え 中手指節関節のの後方を意味し、拳を握った時にできる尺側横紋の溝を「渓(谿)」ようなため。小腸経の兪穴で、督脈との交会穴。
SI-4
腕骨
わんこつ
手背尺側にあり、第5中手骨底と三角骨の間の陥凹部に取る。 尺骨神経麻痺、手関節障害、片麻痺、頭痛、発熱 腕骨(=豆状骨)のところにあるから。
SI-5
陽谷
ようこく
手関節後面にあり、尺骨茎状突起の下際陥凹部に取る。 尺骨神経麻痺、手関節障害、片麻痺、咽喉炎、頭痛、耳鳴、歯痛 「陽」は陰陽の陽の意味で、「谷」は陥凹。尺骨頭と三角骨の間の陥凹部にあり、形が谷のようであることから名づけられた。
SI-6
養老
ようろう
陽谷穴の上1寸で、尺骨茎状突起と尺骨頭の頭の陥凹部に取る。 頚腕障害、ギックリ腰、手関節障害、寝違え、頭痛、片麻痺 「養」は有益の意味で、老化からくる病(眼疾患や関節痛など)に対して有効であることから名づけられた。小腸経の?穴。
SI-7
支正
しせい
手を胸にあて、陽谷と小海とを結ぶ線の中点の下方1寸(親指1横指分)に取る。 尺骨神経麻痺、肘関節障害、頭痛、肩こり、めまい、耳鳴 「支」は経脈の分支の意味。「正」な主体という意味。小腸経は本穴から絡脈の分支が出て心経に連絡するため。
SI-8
小海
しょうかい
肘関節を軽く屈曲し、尺骨神経溝中に取る。 尺骨神経麻痺、肘関節障害、頭痛、めまい、耳鳴 「小」は小腸経の意味。肘を屈曲した陥凹部(=海)にに取るため。また、合水穴のため、川から来た水(=経気)がここで、海に合流するという意味もある。
SI-9
肩貞
けんてい
腋窩横紋の後端から上1寸に取る。 肩関節障害、頚腕障害、肩甲痛、片麻痺 「貞」は正しい、「肩」は肩部のこと。腕を上げ下げしても正しい場所にあるため。
SI-10
臑兪
じゅゆ
腋窩横紋後端の上方で、肩甲棘外端の下際陥凹部に取る。 肩関節障害、頚腕障害、肩甲痛、片麻痺 「臑」=上腕部の肌肉が豊富で骨に付着していないところ。「兪」は気が出入りする兪穴のような役目をするため。本穴は内外の気を通すため。小腸経・陽維脈・陽矯脈の交会穴。
SI-11
天宗
てんそう
棘下窩のほぼ中央に取る。 肩甲痛、肩こり、肩関節障害、上肢の知覚・運動障害 「天」は上部。「宗」は中心。集まる。肩甲骨の中心にあることから名づけられた。
SI-12
秉風
へいふう
肩甲棘のほぼ中央上際に取る。 肩こり、肩関節障害、肩背痛 「秉」は受けとる。「風」は風邪を指す。風邪が原因で起こる肩甲骨周囲の筋肉痛の要穴。
SI-13
曲垣
きょくえん
肩甲棘内端の上際で、棘上窩に取る。 肩こり、肩関節障害、肩背痛 「曲」は彎曲したさまを、「垣」は低い塀を指す。肩甲棘上方にあり、肩甲棘の形が彎曲した低い塀のようであるため。
SI-14
肩外兪
けんがいゆ
第1・第2胸椎棘突起間の外3寸、肩甲骨上角の骨際に取る。 肩こり、項強、肩背痛 「肩外」とは肩甲骨外側を示しており、「兪」は気が出入りすること。本穴は肩甲骨外側上縁にあるため。
SI-15
肩中兪
けんちゅうゆ
第7頚椎と第1胸椎棘突起間の外2寸に取る。 肩こり、項強、肩背痛 「肩は肩部、「中」は肩井・大椎2穴をつないだ中間の意味。
SI-16
天窓
てんそう
下顎骨の後下方、胸鎖乳突筋の前縁で、扶突穴と天容穴のほぼ中央に取る。 頚項強、寝違え、咽喉腫脹、嗄声、舌下筋群麻痺、頚部リンパ節腫脹、耳鳴 「天」は頭を指し、「窓」を穴とし、頭部にある七つの竅(耳・眼・鼻・口)指す。七竅の疾患を治すため。窓を開け気の通りを良くする穴ということから。
SI-17
天容
てんよう
下顎角の後ろで、胸鎖乳突筋の前縁に取る。 頚項強、寝違え、咽喉腫脹、嗄声、舌下筋群麻痺、頚部リンパ節腫脹、耳鳴 「天」=頭部、「容」=引き入れる・受け入れる。容貌の意味。頭頚部の疾患に有効なため。
SI-18
顴リョウ
けんりょう
外眼角の直下で頬骨の下縁、陥凹部に取る。 顔面神経麻痺、三叉神経痛、咬筋痙攣、歯痛 「顴」は顔面部の顴骨(頬骨)。「リョウ」は骨のくぼみのこと。頬骨中央下の陥凹部にあるため。
SI-19
聴宮
ちょうきゅう
耳珠中央の前、陥凹部、顎関節後縁に取る。 耳の諸疾患、下顎関節障害 「宮」は要所・重要な場所のこと。耳鳴り・難聴の治療の要穴であるため。小腸経・三焦経・胆経の交会穴。


経絡の名前 読み方
手の太陰肺経 てのたいいんはいけい
手の陽明大腸経 あしのようめいいけい
足の陽明胃経 あしのようめいいけい
足の太陰脾経 あしのたいいんひけい
手の少陰心経 てのしょういんしんけい
手の太陽小腸経 てのたいようしょうちょうけい
足の太陽膀胱経 あしのたいようぼうこうけい
足の少陰腎経 あしのしょういんじんけい
手の厥陰心包経 てのけついんしんぽうけい
手の少陽三焦経 てのしょうようさんしょうけい
足の少陽胆経 あしのしょうようたんけい
足の厥陰肝経 あしのけついんかんけい
督脈 とくみゃく
任脈 にんみゃく

上に戻る


翁鍼灸タイトル
翁鍼灸院メール
翁鍼灸院看板
このホームページの全ての画像と文章の複製および無断転載をお断りいたします
Copyright c Since 2000 * All Rights Reserved  www.ou-hari.com
鍼灸と針灸