手の厥陰心包経



WHO
表記
ツボ名 場所 こんな時に使う ツボの由来
PC-1
天池
てんち
乳中穴の外1寸で第4肋間に取る。 気管支炎、動悸、心胸痛、咳嗽、喘息、肋間神経痛 「天」=身体の上部、「池」は肋間のくぼみのようなところにあるから。
PC-2
天泉
てんせん
腋窩横紋の前端から、曲沢穴に向かい下2寸に取る。 心胸痛、動悸、上腕痛、正中神経麻痺 天地から、心包経の気が泉のように流れ入るから。
PC-3
曲沢
きょくたく
肘窩横紋上で、上腕二頭筋腱の尺側に取る。 心胸痛、動悸、胃痛、嘔吐、肘関節障害、正中神経麻痺 「曲」=屈曲する、「沢」=潤すこと。つまり、肘部で、気血が筋肉や関節を潤すという意味。
PC-4
げき門
げきもん
大陵穴から曲沢穴に向かい上5寸に取る。。 心胸痛、動悸、吐血、心疾患、ヒステリー、正中神経麻痺、構音障害 「げき」=隙間、集まるところ。尺骨と橈骨の間という意味と、心包経の気血が一番集まる門戸という意味がある。
PC-5
間使
かんし
大陵穴から曲沢穴に向かい上3寸に取る。 心胸痛、動悸、不眠、不整脈、心疾患、ヒステリー、正中神経麻痺 「間」=隙間。「使」=命令を受けて使いをすること。
PC-6
内関
ないかん
大陵穴から曲沢穴に向かい上2寸に取る。 心胸痛、動悸、寝汗、不整脈、心疾患、嘔吐、胃痛、ヒステリー 絡穴(三焦経に枝分かれする)。つまり、内側の関所。
PC-7
大陵
だいりょう
手関節前面横紋の中央に取る。 手関節障害、手掌熱、心痛、動悸、不眠、ヒステリー、胃痛、嘔吐、精神病 「陵」=高くそびえる丘。月状骨の隆起の上方、橈骨との接合部にありため。
PC-8
労宮
ろうきゅう
手掌、第2,3中手骨間の陥凹部、中手指節関節の近位端の高さ。 手掌熱、正中神経障害、手の知覚・運動障害、心痛、動悸、ヒステリー 「労」=労働、「宮」=要所、宮廷、中心などの意味。手は労働に携わる器官で、掌の中心にあるから。
PC-9
中衝
ちゅうしょう
手の第3指、中指末端の中央。 正中神経障害、手の知覚・運動障害、心痛、動悸、ヒステリー、失神、熱中症 「中」=中指、「衝」=要衝、重要な場所。心包経の気血は、中衝から、流れ込むから。


経絡の名前 読み方
手の太陰肺経 てのたいいんはいけい
手の陽明大腸経 あしのようめいいけい
足の陽明胃経 あしのようめいいけい
足の太陰脾経 あしのたいいんひけい
手の少陰心経 てのしょういんしんけい
手の太陽小腸経 てのたいようしょうちょうけい
足の太陽膀胱経 あしのたいようぼうこうけい
足の少陰腎経 あしのしょういんじんけい
手の厥陰心包経 てのけついんしんぽうけい
手の少陽三焦経 てのしょうようさんしょうけい
足の少陽胆経 あしのしょうようたんけい
足の厥陰肝経 あしのけついんかんけい
督脈 とくみゃく
任脈 にんみゃく

上に戻る


翁鍼灸タイトル
翁鍼灸院メール
翁鍼灸院看板
このホームページの全ての画像と文章の複製および無断転載をお断りいたします
Copyright c Since 2000 * All Rights Reserved  www.ou-hari.com
鍼灸と針灸