不妊の鍼灸治療の主な対象と効果

当院の不妊治療の主な対象
当院の鍼灸治療は婦人科の器官疾患以外の不妊症(産婦人科の不妊専門外来で不妊症スクリーニング検査は異常なし)と、妊娠しにくい体質の改善です。鍼灸治療だけであっさり妊娠されることはよくあります。 不妊の原因や症状によって西洋医学と鍼灸の併用も有効です。併用により妊娠率を高めることができます。東洋医学で身体機能のバランスを整えるという土台をつくり、その上に西洋医学の治療を行うことにより副作用の少ない、身体にやさしい、よりよい効果が得られることもあります。現在の段階で不妊症に対して、鍼灸(針灸)が完成された治療法とはまだ言えませんが、鍼灸による不妊治療の原理は有効だという、いくつかの有意義な研究発表がされています。
不妊治療よくあるご質問

当院に通院されている不妊症のかたの代表例:

  • 産婦人科(不妊専門外来)で検査を受けたが、原因不明の不妊症と診断された。
  • タイミング療法や人工授精、体外受精を受けている、また受ける予定がある。
  • 薬を使わずに最も自然な形で妊娠できるようにしたい。
  • 産婦人科には一切通っていない。
  • 何度も体外受精で妊娠や出産に至らず、しばらく身体を休ませたい。
  • 子宮筋腫や卵巣など手術を受けてから妊娠しづらくなった。
  • 妊娠ができたが、自然流産を繰り返している。
  • 不妊治療によるストレスや体の不調。
  • 無月経・無排卵や生理不順など。

不妊治療の現状と効果

不妊症の鍼灸(針灸)治療の歴史は長いです。様々な鍼灸治療法があります。その中で最も優れた治療法は伝統的な東洋医学の鍼灸治療法です。不妊症の鍼灸治療でホルモンのバランスを整えることができます。鍼灸(針灸)治療により妊娠率が大幅に向上するという記事や研究結果は中国国内や海外にも多くの研究チームによって報告されました。また、東洋医学では冷え性による骨盤内器官が冷えてしまうと妊娠しにくくなります。お灸で不妊症のツボに温熱作用を与えて、鍼で体調を調整することによって、卵巣、子宮など骨盤内器官の機能が改善されます。妊娠しやすい体質を作ることができます。鍼灸治療により子宮の血流がよくなり、受精卵が子宮内に着床しやすくなります。

鍼灸は不妊症治療以外に、生理不順・無月経・更年期障害・生理痛・子宮内膜症など婦人科疾患にも効果があります。また、鍼灸でストレスを減らし、肩こりなどつらい症状も改善できます。排卵誘発剤などの使いすぎで低下した卵巣機能が鍼灸で回復しやすくなることもあります。

当院で不妊治療のかたは下記の産婦人科にも通院している

あいウィメンズクリニック(東京都墨田区)
梅ヶ丘産婦人科(東京都世田谷区)
神奈川レディースクリニック(横浜市)
加藤レディースクリニック(東京新宿区)
かみやレディースクリニック(東京都文京区)
銀座ウィメンズクリニック(東京都中央区)
国立成育医療センター(東京都世田谷区)
こまえクリニック不妊ルーム(東京都狛江)
杉山レディースクリニック(東京都世田谷区)
聖路加国際病院生殖医療センター(東京都中央区)
セント・ルカ産婦人科(九州大分)
波平レディスクリニック(東京都世田谷区)
にしなレディースクリニック(東京都世田谷区)
諏訪マタニティークリニック(長野県諏訪郡)
はらメディカルクリニック(東京都渋谷区)
まさおかレディスクリニック(埼玉県さいたま市)
みなみ野レディースクリニック(東京都八王子市)
みやけウィメンズクリニック(千葉県千葉市)
四谷・川添産婦人科医院(東京新宿区)

上に戻る

翁鍼灸タイトル
不妊鍼灸
翁鍼灸院看板
翁鍼灸治療院トップ > 不妊の対象
翁鍼灸治療院は東京都世田谷区
このホームページの全ての画像と文章の複製および無断転載をお断りいたします。
Copyright c Since 2000 * All Rights Reserved  www.ou-hari.com
鍼灸と針灸