慢性疲労症候群と鍼灸治療

東京都世田谷区の治療院 当院は慢性疲労症候群の鍼灸治療を積極的に取り入れています。鍼灸治療で8割以上の方々が症状が改善できて、疲労感がなくなりました。東洋医学的な診察法で慢性疲労症候群の病因や様々な症状を見分け、治療していきます。長い鍼灸治療の臨床経験に基づいていますので、効果をあげています。慢性疲労症候群のような一般的な検査では病気が見つからない病気は東洋医学にとって最も得意な分野だとも言えます。針灸(鍼灸)治療では症状を診るだけではなく、全身のバランスや変化を診てその原因を見つけ出します。針灸治療の適応症としては、疲労による肩こり、筋肉痛、だるさ、下痢、食欲不振、抑うつ等の症状があり、全身の針灸を中心として行いますが、肩こりや腰痛など特別につらい部位は局所的にも治療します。また全身の鍼灸治療を行うことで体質が強くなっていきます。針灸治療を行うと身体が軽くなり、気分も落ち着き心も晴れ晴れしてきます。その結果食欲が増え、眠れるようになり、疲労が取り除かれやすくなります。つまり「元気」になってくるのです。すると、少しずつ症状が改善されていきます。病院の薬ではなかなか改善されない方やあちこちの病院で検査しても異常がないと言われた方々にぜひ東洋医学の鍼灸治療をお薦めしたいと思います。

慢性疲労症候群について

慢性疲労症候群とは
CFSとも言います。欧米で1980年代から注目されはじめた症状ですが、原因も症状も明確ではなく、これという治療法も確立していません。かぜなどの感染症をきっかけに発症したケースのほかに集団発生したケースも報告されていますが、まだ謎の多い疾患です。疲労感が長く続く場合、慢性疲労のために1ヶ月に数日間、会社や学校を休むことになったり、日常生活もままならなくなって、寝込んだりしてしまいます。そのような状態が続くか、繰り返し、加えて微熱や頭痛、筋肉痛があり、何かをやろうとしても思考力や集中力が出ない等、抑うつの精神症状も出てきます。しかし、一般的な検査では病気は見つからないです。これらに当てはまるときには、慢性疲労症候群と診断されます。

    慢性疲労症候群の診断基準
  • 筋肉の痛みまたは不快感がある。
  • のどの痛みがある。
  • 首あるいは脇の下のリンパ節がはれている。
  • 原因不明の脱力感がある。
  • 微熱ないし悪寒がする。
  • 軽く動いただけで全身倦怠感が24時間続く。
  • 頭痛がする。
  • 関節の痛みがある。
  • 物忘れ、思考力低下などの精神神経症状がある。
  • 不眠または過眠の傾向がある。

以上のうちに8つ以上の症状が半年続いていると慢性疲労症候群の可能性があります。西洋医学では慢性疲労症候群に対して根本的な治療法まだありませが、対症療法を中心に行われています。

翁鍼灸タイトル
翁鍼灸院メール
翁鍼灸院看板
トップ > 鍼灸適応症 > 慢性疲労症候群
翁鍼灸治療院は東京都世田谷区鍼灸専門
このホームページの全ての画像と文章の複製および無断転載をお断りいたします。
Copyright c Since 2000 * All Rights Reserved  www.ou-hari.com
鍼灸と針灸