片頭痛(偏頭痛)とはなにか

東京都世田谷区の治療院片頭痛(偏頭痛)は頭の血管が過度に拡張することにより、まわりの神経が刺激されて痛むものです。20~50歳代の若い年齢層、特に女性に多くみられ、月に1~2回、多いときで週に1回、発作的に頭痛が起こるのが特徴です。頭の片側、時には両側が脈打つように「ズキンズキン」「ガンガン」と痛み、吐き気を伴います。また、体を動かすと痛みがひどくなり、さらに、音や光に過敏になるため、周囲がうるさかったり、明るいところでは頭痛が一層ひどくなります。頭痛は数時間から3日間ほど続き、発作中はたいへんつらいのですが、発作が終われば、ふだんと変わらない状態に戻ります。

片頭痛・偏頭痛の原因
まだ原因んがはっきりわかりませんが、空腹、寝すぎ・寝不足、急激な温度変化、首筋や肩のこり、ストレス、月経など、その引き金となる誘因がたくさんあります。ストレスというのは、ストレスがある時もそうですが、逆に、ストレスから解放された時にも頭痛は起きます。休日に片頭痛がよく起こるのはそのためです。また、女性の半数は月経周期に合わせて頭痛が起きています。特に月経の1~2日前から、始まった1~2日後までの間は、エストロゲンという女性ホルモンの血中濃度が急激に低下することが引き金となって頭痛が起きるのではないかといわれています。
予防法として、大豆にはイソフラボンといわれる、エストロゲンに似た作用をする物質が多く含まれていますので、月経に関係して頭痛が起こる方にはお勧めです。また、大豆に含まれているビタミンB2やマグネシウムなどは片頭痛の予防になると言われています。

当院の片頭痛・偏頭痛の鍼灸治療

当鍼灸院では片頭痛(偏頭痛)などの痛みかたが大勢通ってきています。痛み緩和とその解消は鍼灸適応症の中で最も得意です。院長が長期間の臨床経験と研究で生みだした痛みに対して鍼治療法を行われています。鍼の鎮痛作用を生かして、頭痛の症状が改善さたり、完治したりすることができます。早ければ2~3回の鍼灸で完治することもけっこうあります。繰り返してる頭痛に対しても積極的に治療を行い、よい効果が得られることが多いです。患部側の後頭部や側部の筋肉の緊張を和らげることにより、痛みを解消されます。鍼灸治療で末梢循環が改善されて、十分に血液が供給されることで、筋肉の緊張が緩和し、痛みの原因となる乳酸やピルビン酸などの疼痛物質が運び出されるため、痛みがなくなります。また、鍼灸により女性ホルモンのバランスを整えることができるため、女性のPMS症候群などによる頭痛にも効果的です。鍼灸治療は片頭痛になる原因の一つであるストレスを解消するだけでなく、ストレスから起こる片頭痛の予防にも役立ちます。

家庭で片頭痛・偏頭痛の予防を

①片頭に効くはツボ
片頭痛の対策 ツボ:太陽(たいよう)
場所:こめかみから目尻に、少しくぼんでいるところです。
ツボ:四白(しはく)
場所:瞳の中心の真下、小鼻の横にあります。
手技:太陽と四白のツボは中指の腹でツボをあてゆっくりと押しながら小さな円を描くように。(15回くらい)

片頭痛のツボ ツボ:風池(ふうち)
場所:頭の後ろ、髪の生えぎわで、頭を支える僧帽筋(そうぼうきん)の外縁にあります。
手技:眼精疲労とともに後頭部痛のとき、風池というツボを使います。 両親指の腹をツボにあて、他の四指は頭を支えて親指で強めに十秒ずつ十回くらい押します。

②空腹時に頭痛は起こりやすいので、食事は3食しっかり食べましょう。
③静かな部屋で横になり、安静に、ひと眠りすると、拡がった血管がもとに戻りやすくなります。
④痛む場所に保冷パックや氷まくらをあてて冷やす。

翁鍼灸タイトル
翁鍼灸院メール
翁鍼灸院看板
翁鍼灸治療院は東京都世田谷区
このホームページの全ての画像と文章の複製および無断転載をお断りいたします。
Copyright c Since 2000 * All Rights Reserved  www.ou-hari.com
鍼灸と針灸