当院の線維筋痛症の鍼灸治療

東京都世田谷区の治療院 当院は線維筋痛症に対して積極的に鍼灸治療を行われています。神経痛の鍼灸治療は当院の最も得意な分野の一つで、良い効果が得られています。鍼灸の鎮痛作用を利用して線維筋痛症の痛みを和らげたり改善したりすることができます。院長が長年の臨床経験と研究から生みだした痛みに対する鍼治療を行っております。また、線維筋痛症の症状は自律神経に関わっていますので、鍼灸治療することにより自律神経系(交感神経、副交感神経)のバランスを調整することが目的です。副交感神経の機能を高め、筋肉の緊張を和らげ、血行を促進して症状を改善する治療法なのです。針灸治療を行うと身体が軽くなるし、気分も落ち着き、心も晴れやかになってきます。身体が楽になれば心も晴れやかになるように、食欲を増したり、睡眠がとれるようになることで、心の負担が軽くなるのも事実です。痛みも和らいでくると思います。西洋医学と違って東洋医学ではまず患者さんの症状を伺い、脈や舌の様子をみて、ツボを決めて鍼灸治療をします。症状の変化によってまた新しいツボを使って治療していくのです。様々な治療法を受けても症状に改善されないかたは、ぜひ東洋医学の鍼灸治療をお試しください。

線維筋痛症とは何か

線維筋痛症は、3ヶ月以上続く原因不明の全身の痛みで、こわばり感、倦怠感、疲労感、睡眠障害、抑うつ、頭痛、過敏性腸炎、微熱、ドライアイなどが伴う事もあります。線維筋痛症の患者は、日本国内に200万人以上いると推定されていて、日本では女性患者の方が多く男性の4.8倍と言われています。年齢別だと50歳代が一番多いです。維筋痛症の原因は現状では明らかではありません。疼痛を訴える部位には明らかな異常が見いだせません。家族内に同じ病気の人が出る傾向が知られていますが、明確な遺伝的な要因があるかどうか不明です。多彩な神経・精神症状があり抗うつ薬が効果的なことから、精神医学的・心理学的なアプローチが行われてきました。一方、線維筋痛症の約半数が感冒様症状に引き続いて起こることから、ウィルス感染との関連が示唆されますが明らかではありません。神経伝達物質などの異常、神経路や受容体の過敏性などの可能性も示唆されています。

線維筋痛症の症状と原因
線維筋痛症は全身の至る所に痛みが生じる原因不明の病気です。痛みはこわばりをしばしば伴い、朝に強くなるなど関節リウマチの症状に似ています。日によりまた一日の時間により痛みに差が出てきます。また激しい運動や睡眠不足、精神的ストレス、天候などにより悪化することが多くみられます。線維筋痛症では筋痛以外にも多彩な症状が現れます。

    様々な症状
  • 疼痛:3カ月以上続く全身の痛みを訴えています。体のあちこちに痛みが現れたりもする。
  • 圧痛:指などで力を加えると、ある程度の力を加えると強い痛みがでる。
  • 疲労感:全身疲労感と倦怠感。症状が重い場合は、起き上がれない状態になる。
  • 睡眠障害:寝付きが悪くて、痛みで熟睡できない状態とある。
  • 抑うつ状態:痛みが精神的なストレスとなり、落ち込んだ気分になる。
  • その他:皮膚の乾燥、思考・記憶障害、手足のしびれ、耳鳴り、めまい、息切れ、吐き気、下痢など。

小児では不登校の数%は線維筋痛症が原因になっていると考えられています。不登校で体の痛みを訴える場合にはこの病気を疑う必要があります。
線維筋痛症は他の病気と関係なく現れることが多いのですが、約25%は病気に伴って出ることが知られています。関節リウマチ、変形性脊椎症、頚肩腕症候群、腰痛症に頻度が高く、その他では甲状腺機能低下症、強直性脊椎症、膠原病などがあげられます。急に線維性筋痛症が発症する引き金としてはウィルス感染症、精神的・肉体的ストレスなどがあります。

翁鍼灸タイトル
翁鍼灸院メール
翁鍼灸院看板
翁鍼灸治療院は東京都世田谷区鍼灸専門
このホームページの全ての画像と文章の複製および無断転載をお断りいたします。
Copyright c Since 2000 * All Rights Reserved  www.ou-hari.com
鍼灸と針灸