脊柱管狭窄症と鍼灸について

脊柱管狭窄症とは
背骨は椎骨が縦に連なったものであり、その空洞部分に脊髄が収まる脊柱管を形成します。この脊柱間が何らかの原因によって狭められ、中を通る脊髄や馬尾神経、また脊髄から枝分かれする脊髄神経や神経根が圧迫される病態を脊柱管狭窄症といいます。狭窄が頚部と腰部に渡って起こる広範脊柱管狭窄症もありますが、ここでは症例の多い腰部脊柱管狭窄症について述べてみます。

脊柱管狭窄症の症状
脊柱管狭窄症は狭窄の部位により中心型と外側型・混合型がありますが、特徴的な症状は間欠性跛行(数分間歩行すると症状の悪化により歩行不可能となり、しゃがんで休憩すると再度歩行可能となる)です。他の症状は、中心型では両脚の痛みやしびれ、足裏や会陰部の異常知覚、場合によって排尿、排便障害が起こり、外側型では左右どちらかの腰痛、臀部・脚への放散痛やしびれ・脱力感が起こります。
脊柱管狭窄症の主な原因は、発症年齢が中高年に多いことからもわかるように、脊柱管の生理的な変化によるといわれています。椎間板の加齢に伴う変性による椎間関節の変形、骨棘の形成、黄色靭帯の肥厚などが神経を圧迫して症状を引き起こすと考えられています。

脊柱管狭窄症の鍼灸治療法

東京都世田谷区の治療院 脊柱管狭窄症の鍼灸治療について
当鍼灸院では運動疾患の痛みかたが大勢通ってきています。その中に脊柱管狭窄症の方も多いです。痛み緩和とその解消は鍼灸適応症の中で最も得意です。効果が得られることが多いです。脊柱管狭窄症の鍼灸治療は基本的に伝統鍼灸医学を基に、院長が長期間の臨床経験と研究で生みだした痛みに対して鍼治療法を行われています。手術する前や適当な治療法がない場合は鍼灸を試してみる価値があると思います。鍼の特有の鎮痛作用を生かして、脊柱管狭窄症による痛みの通路に鍼を刺して、その刺激が脳や脊髄といった中枢経路を経て、エンドルフィン、エンケファリン等の鎮痛物質を分泌させ、痛みを柔らげることにより脊柱管狭窄症の症状が改善さたり、完治したりすることができます。鍼灸は脊柱管狭窄症の治療はすぐれた治療法ですが、効果が100%ではありません。特に重症の坐骨神経痛の方には、病院の専門医の治療と針灸治療を併用して頂くことにより、長期間にわたり痛止め薬を飲み続けているかたやブロック注射しているかたもより相乗効果が認められます。
病院での治療はまず消炎鎮痛薬や血流改善薬が処方され、硬膜外ブロックや神経根ブロックでも症状が改善されない場合は手術が行われます。ただ、mri検査で脊柱管が狭窄している所見があっても、実際に自覚症状のない方が結構いらっしゃいます。物理的な障害が目に見えても痛みやしびれを感じないということは、血液が滞りなく循環していると考えられます。

上に戻る

翁鍼灸タイトル
翁鍼灸院メール
翁鍼灸院看板
翁鍼灸治療院トップ > 鍼灸適応症 > 脊柱管狭窄症
翁鍼灸治療院は東京都世田谷区鍼灸専門
このホームページの全ての画像と文章の複製および無断転載をお断りいたします。
Copyright c Since 2000 * All Rights Reserved  www.ou-hari.com
鍼灸と針灸