胸郭出口症候群とは何か

体の中心から手に向かう血管や神経は、鎖骨と肋骨の間にある胸郭出口と呼ばれるトンネルを通ります。このトンネルの隙間が狭く、中を通る神経や血管が圧迫される時に、首や肩から肩甲骨の内側にかけての痛み、手指の痺れ、重たいものを持ったり、腕を上に挙げるとシビレが強くなります。これを胸郭出口症候群と呼んでいます。年齢的には30代から40代に多いと言われますが、中には10代の人にも見られます。
胸郭出口が狭くなり、手に向かう血管や神経が圧迫される原因は、さまざまです。長時間のデスクワークやOA作業や、なで肩や猫背などの体型や姿勢が原因だと考えられます。上から7番目の首の骨の形の異常で起こる場合があります。また首の骨から出て肋骨に付着している筋肉が姿勢により神経を圧迫したりするものもあります。あるいは転倒したり、追突事故で頚椎を捻挫した後にこの部分の筋肉が傷つき、後で症状が出ることがあります。

胸郭出口症候群の鍼灸治療法

東京都世田谷区の治療院 当院は胸郭出口症候群に対して鍼灸治療を積極的に取り込んでいます。鍼の特有の鎮痛作用を生かして、痛みや痺れは鍼灸治療は効果があがっています。専用のツボを使って鍼を打つことによって、痛みを柔らげることにより症状が改善さたり、完治したりすることができます。激しい痛みと痺れに対して鍼とパルス(電気鍼)を並行して治療を行うこともあります。急性期は鍼のみの治療を行いますが、慢性的な症状は鍼以外に温灸を使って患部を温めたりします。院長が長期間の臨床経験と研究で生みだした独自の治療法で行います。鍼治療により手に向かう血管や神経に圧迫を加えている筋肉の緊張をほぐし、炎症を除去するとともに神経根の圧迫を減らし、痛みや痺れの解消とその緩和ができます。手術をする前や適当な治療法がない場合は鍼灸を試してみる価値があると思います。

胸郭出口症候群の予防法

予防としては、姿勢を正しくすることが大切です。なで肩にならないように注意して、座っているときの姿勢も、肩を丸め、首を前に突き出すような格好ではなく、背筋を伸ばして座りましょう。
主婦の方であれば、高いところを掃除したり物をとったりすることがありますが、できるだけ腕を高く挙げないために踏み台や小さめの脚立を使うことは有効です。
日常生活では軽い症状の場合は肩を持ち上げる挙上運動や首の運動などがあり、首や肩の周辺の筋肉をリラックスさせ、同時に腕立て伏せなどで肩周辺の筋力を強化して、寝るときは腕による圧迫を避けるため、抱きまくらの上に腕をのせて寝るなどの工夫も一つの方法でしょう。

翁鍼灸タイトル
翁鍼灸院メール
翁鍼灸院看板
翁鍼灸治療院トップ > 鍼灸適応症 > 胸郭出口症候群
翁鍼灸治療院は東京都世田谷区
このホームページの全ての画像と文章の複製および無断転載をお断りいたします。
Copyright c Since 2000 * All Rights Reserved  www.ou-hari.com
鍼灸と針灸