複視

複視の鍼灸治療

東京都世田谷区の治療院 当院には多くの眼科疾患の患者様よりご通院いただいております。複視に対しても積極的に鍼灸治療を行っています。中でも眼球運動を支配する神経に異常があるときや、神経の麻痺・頭部の外傷など眼球運動を支配する筋肉によるものや重症筋無力症などは鍼灸治療でよい効果をあげています。院長の翁孟進が長年の臨床経験と研究で生みだした独自の治療法を行います。常に海外から最先端の鍼灸治療法を取り入れることによって治癒率をより高め、多くの複視で悩んでいる方々から喜びの声をいただいております。眼科疾患は当院の最も得意な分野の一つに挙げられます。病院でなかなか改善されない方はぜひ一度鍼灸治療を選択肢のひとつとして受けてみてください。

鍼灸治療について
鍼灸院によって様々な鍼治療法がありますので、まずは治療経験の豊富な鍼灸師を慎重に選んだほうがいいでしょう。複視はは自然に治ることもあります。しかし、症状や治療法、治療開始時期などによって、予後に大きく影響することがあります。早期治療が大切な病気ですので、発症初期は病院と並行しての鍼灸治療をお勧めします。鍼灸はすぐれた治療法ですが、効果は100%であるとはいいきれません。症状や場合によっては、専門病院の医師の治療と併用して頂くことにより、相乗効果も認められます。

複視とはなにか

複視とは何らかの原因でうまく映像が結べなくなる症状でものが二重に見える症状のことです。主に単眼性複視と両眼性複視の2種類があります。
単眼性複視
単眼性複視は片目でも物が二重に見えます。単眼性複視は主に近視や乱視・遠視などが原因で、この場合は主にコンタクトレンズやメガネをかけることで、複視の矯正を行います。 一方、単眼性複視の原因が白内障の場合もありますので、この場合は白内障の治療を行います。
両眼性複視
両眼で見ると物が二重に見えます。両眼性複視の特徴は両眼で見ると物が二重に見えるのですが、片目でみると普通に見える状態が見られます。これは目を動かす神経の異常(眼筋麻痺)によって、両目の動きがうまくコントロールできていない状態です。目の周りには、原因は主に老化、糖尿病、甲状腺に関連した病気、脳に関連した病気などの可能性があります。

翁鍼灸タイトル
翁鍼灸院メール
翁鍼灸院看板
翁鍼灸治療院は東京都世田谷区
このホームページの全ての画像と文章の複製および無断転載をお断りいたします。
Copyright c Since 2000 * All Rights Reserved  www.ou-hari.com
鍼灸と針灸