眼瞼下垂の鍼灸治療について

東京都世田谷区の治療院 当鍼灸院は眼瞼下垂に対して鍼灸治療を積極的に治療を行っています。重症の眼瞼下垂を除いて鍼灸治療で5割近い眼瞼下垂の方が完治したり、症状が改善したりすることが認められます。院長が長期間の臨床経験と研究で生みだした鍼灸治療法は眼瞼下垂に対して効果を上げています。大勢の麻痺など神経疾患を治療してまいりましたが、軽い眼瞼下垂は完治することが多いです。特に動眼神経麻痺、交感神経の異常、筋肉の異常などによる後天性眼瞼下垂に対しては、鍼灸治療の効果が期待できると思います。鍼灸で有効なツボ刺激することにより筋肉や神経の働きが活発化し、血液の循環が良くなり、症状改善につながります。また針灸治療は自律神経のバランスを調整にも効果があるため、交感神経の異常によるものにも効果期待できます。病院で手術やボトックス注射をされる前に何度か鍼灸治療を試してみる価値があるではないかと思います。

眼瞼下垂とは何か

眼瞼下垂の特徴と原因
眼瞼は一言で表すと「まぶた」のこといいます。下垂は「垂れ下がる」ということです。目を開いたときに上まぶたが上がらないものです。片側の目のときと両側のときとあります。程度も色々ですが、症状のひどいものでは全く瞳が見えないほど下がっているものあります。
症状は生まれた時からまぶた(約80%が片側)が開かない状態の先天性眼瞼下垂のほかに、後天性の眼瞼下垂(生まれた時は下がっていなかったのにその後下垂してきた)と偽眼瞼下垂(ほかの疾患が原因で一見、眼瞼下垂に見えるがそうでないもの)に分類されます。もっとも頻度が高いのは後天性眼瞼下垂で、その症状の原因の多くは仕事の関係やライフスタイルの変化に伴い、長時間のパソコンやテレビなどの影響での目の酷使やアトピーなどによる瞼の炎症などからの眼瞼下垂も増えてきています。
眼瞼下垂は、まぶたを持ち上げる筋肉や力が何かの原因で弱い状態になっていたり、持ち上げる筋肉とまぶたとがしっかりしていない状態です。その他の代表的な原因には老化による筋肉の衰えによるものや長期間のコンタクトの使用によるものも上げられます。まぶたが重くなります。こうなることで目が小さくなります。

眼瞼下垂の症状
まぶたを持ち上げるときに作用する筋肉が弱まっているために十分に目が開かず、まぶたが垂れ下がっていることをいいます。眼瞼下垂は「がんけんかすい」と読みますが、眼瞼とはまぶたのことを指します。そして下垂は文字通り、垂れ下がることです。よって眼瞼下垂とはまぶたが垂れ下がることをいうのです。

    主な症状
  • まぶたが重くて眼が開きにくい
  • 目を開けると額にしわが出来やすい
  • 夕方になると額や目の奥が痛くなる
  • 無意識に額に力が入り、シワができる
  • 光が異常にまぶしく感じる

眼瞼下垂の西洋医学治療
原因となっている病気その他を取り除くことが第一です。
先天性の眼瞼下垂の場合:筋肉に機能的な問題がある場合が多いので、筋肉に注射をして機能的な改善をはかったり、手術をおこなうことになります。
後天性の眼瞼下垂の場合:治療法の多くが手術になります。挙筋前転法、挙筋短縮法、経結膜的眼瞼挙筋短縮術、埋没法、上眼瞼切開法など様々な手術法の中からもっとも合った方法でおこなわれることになります。上まぶたの皮膚が垂れ下がることによっておこる老人性のものには上眼瞼切開法など行います。

翁鍼灸タイトル
翁鍼灸院メール
翁鍼灸院看板
翁鍼灸治療院は東京都世田谷区
このホームページの全ての画像と文章の複製および無断転載をお断りいたします。
Copyright c Since 2000 * All Rights Reserved  www.ou-hari.com
鍼灸と針灸