肩こりについて

肩こりとは
「肩の筋肉がこわばり、肩が重苦しくなる」状態であること「肩が張る」「緊張させられる」というような意味があります。原因はさまざまですが、最も多いのが肩周辺の筋肉の使いすぎによる疲労や、筋力の低下によるものです。コンピュータの作業などで長時間、同じ姿勢をしていると、首筋から肩、背中にかけての筋肉を使い続け、疲労物質がたまって肩こりを誘発します。こうした状態にストレスが加わると、一層ひどい肩こりを招きます。肩こりは大抵は不良姿勢による背筋の疲労によることが多いのですが、他の原因としては頚椎疾患、耳鼻科、眼科、内臓疾患、さらに自律神経失調症などからも起こります。

肩こりのいろな解消法
◎昔からいろんな肩コリ解消法が広く言い伝えられています。加えて、今日においてはテレビ等マスコミで毎日のように肩こり解消法を取り上げていますので、内科的疾患に由来するものでなければ、それらの肩コリ解消法をいろいろ試してみることも大切なことです。肩こり退治は、トータル・ケア(全身療法)を旨とする鍼灸等東洋療法の最も効果的な治療法とされています。
◎病院での肩こり治療は、投薬としては消炎鎮痛剤・筋弛緩剤・鎮静剤・抗うつ剤・ビタミン剤等、外用薬としては塗り薬・はり薬・湿布薬等が用いられます。また、頚の牽引法・電気的な温熱療法等の理学的療法も行なわれます。頑固な肩こりに対しては神経ブロックによる麻酔的治療も行われます。投薬と神経ブロックは副作用に要注意です。
大抵の肩こりは、冷湿布や軽いマッサージ、肩を回すなど体操をすればほとんど解消されます。激しい痛みがでる肩こりは電動マッサージ椅子や強い揉みは逆効果です。慢性肩こりは、肩の周り筋肉をカイロなどで暖めたり、体操をしたりするのが効果的です。二週間以上経っても症状が改善しない場合は、専門のところで治療した方がいいと思います。対策はいろんなことが言われていますが、結局のところは生活習慣に原因があると思って、毎日の生活の仕方を変えるくらいの心掛けで取り組まなければならないと言えます。

肩こりの鍼灸治療法

肩こりの鍼灸治療
東京都世田谷区の治療院 翁鍼灸治療院は世田谷区経堂に開業してから15年以上になりました。長い間、大勢の肩こり(肩凝り)の方が来院れています。鍼灸治療に力を入れており、様々な肩こりを針灸治療してきました。院長が長期間の臨床経験と研究で生みだした肩こりに対する鍼治療法が行われています。中国医学の鍼灸理論と日本鍼灸を融合させ、高度な鍼灸術でよい効果が得られます。常に新しい治療法をご提供いたします。特に慢性肩こりや頑固な凝りの方々にぜひ当院の針灸治療を試してみてください。

なぜ肩凝りが鍼灸効くか
肩こりは鍼灸治療の中で最も多く見られる疾患の一つです。どこの鍼灸院でも肩こりの患者様が一番多いではないかと思います。つまり鍼灸治療は肩こりによく効くということでしょう。鍼灸治療は日常的な身体的、心理的疲労に起因する肩こりです。首の後ろから肩にかけて緊張し硬くなっている筋肉が第一の治療箇所となります。精神安定や自律神経調整などの治療が必要な場合もあります。また、冷え、水分代謝の悪化、血流の滞りなどによって起きる肩こりも多く見られます。お灸で温めて、循環をよくすることによりほとんどのこりが改善されます。普通の鍼灸治療で解消しないような頑固なコリ症は、パルス通電ツボ療法(電気バリ治療)をお勧めします。局所的に治療を三回~五回程続けますと相当に頑固な超肩凝りもほぐれます。

肩こりの予防

立ち方
背中を丸めた姿勢、お腹を突き出した姿勢も肩や首に負担となりますので、腹筋とおしりに若干力が入る感じで、背筋を伸ばしてあごを引き、目線はしっかりと前をみて立ちます。
物の持ち方
コリとひどい場合は重い物を持つことを避けましょう。同じ姿勢で重いものを持ち続けると筋肉疲労の原因となりますので、肩こりがひどくなります。
歩き方
立っているとき同様に、腹筋とおしりを意識しながら、目線はしっかりと前方へ向けます。かかとから着地し、つま先で軽く地面を蹴りだす感じでリズムよく歩きます。
座り方
座るときも、立っているとき同様に背筋を伸ばし、腹筋とおしりに意識して、深く座ります。机で作業するときは、あまりクビが前のめりにならないようにし、背中が曲がらないようにします。

翁鍼灸タイトル
翁鍼灸院メール
翁鍼灸院看板
翁鍼灸治療院は東京都世田谷区
このホームページの全ての画像と文章の複製および無断転載をお断りいたします。
Copyright c Since 2000 * All Rights Reserved  www.ou-hari.com
鍼灸と針灸