腰痛の特徴

急性腰痛: 急に腰が痛くなって、症状がひどいとき身体が動けなくなることもあります。不良姿勢などにより生じたものがほとんどです。これはいわゆる(ぎっくり腰)です。ぎっくり腰になったとき、まず安静にして、冷湿布が有用です。激しい整体やマッサージ避けましょう。
慢性腰痛: 長い間、腰痛が繰り返したり、完治していなかったりして、ちょっと腰を使うとすぐに痛くなるタイプです。

腰痛の原因
主に腰椎にあることが多いのですが、他に腎臓(腎結石)・子宮(筋腫)などの内臓や精神ストレスに起因することもあります。姿勢が関係なく鈍い腰痛と共に長期間の便や尿の調子が悪いときは、一度病院の診察を受けましょう。

腰痛症状
①急性腰痛症: 腰椎捻挫、筋緊張性の腰痛症、軽い椎間板損傷、椎間関節症などあります。
椎間板ヘルニア:椎間板は骨と骨の間にあり、クッションの働きをしています。重いものを持ったり、背骨に急な負担をかけると、椎間板がつぶれて内部の髄核が飛び出します。この髄核が神経に触れることで、いろいろな症状が現れます。これを椎間板ヘルニアといいます。 腰痛の他、足のしびれや痛みがあり、ひどいときには足の脱力を生じます。お尻から足先へ、特に後面をひびくような痛みが走ります。坐骨神経痛という症状です。
③骨粗鬆症: 加齢の変化で骨が弱くなった状態です。圧迫骨折を起こしやすく、猫背(亀背)となります。特に女性は閉経後、ホルモンの関係で骨粗鬆が進みやすく40代からカルシウムをとる注意が必要です。
④悪性腫瘍: 転移性骨腫瘍癌の転移が背骨に及ぶことがあります。腰痛から発症し、癌が見つかった例もあります。

腰痛の鍼灸治療法

東京都世田谷区の治療院

当院では腰痛の方が大勢いらしています。鍼灸適応症の中で腰痛は最も得意な分野のひとつです。整形外科や病院で手術しかないといわれているぐらいひどい腰痛が鍼灸で完治する例も少なくないのです。筋肉痛により軽い腰痛からギックリ腰・坐骨神経痛まで様々な腰痛の鍼灸治療を行います。効果があげています。腰の周りの有名なツボ:腎ゆ、大腸ゆ などを使いますが手と足にある腰痛に有効なツボもよく使われています。慢性腰痛の場合は針の後に温灸が効果的です。

上に戻る

翁鍼灸タイトル
翁鍼灸院メール
翁鍼灸院看板
翁鍼灸治療院は東京都世田谷区鍼灸専門
このホームページの全ての画像と文章の複製および無断転載をお断りいたします。
Copyright c Since 2000 * All Rights Reserved  www.ou-hari.com
鍼灸と針灸