麻痺スコア(柳原40点法)

顔面神経麻痺の評価法
顔面神経の麻痺の程度を評価する方法は「運動評価法」または表情筋スコアとも言う。「運動評価法」は大きく分けて二つの方法がある。一つは「顔面全体の評価法」もう一つは「顔面部位評価法」であり、現在臨床で専門家達によく使われている顔面全体の評価法(House-Brackmann法)と顔面部位評価法(40点柳原法)である。検査法は簡単で短時間内に行うことができる。大まかな判定基準で、ある程度は顔面神経麻痺の臨床経過と予後に役に立つが、絶対的な判定法ではない。

顔面神経麻痺a

40点法は柳原氏が提唱した顔面神経麻痺の部位評価法(表情筋スコア)で、38点以上は正常で8点以下を完全麻痺とする。

40点柳原法(麻痺程度の評価法)
ほぼ正常 部分麻痺 高度麻痺
安静時
4 2 0
額のしわ寄せ
4 2 0
軽い閉眼
4 2 0
強閉眼
4 2 0
片目つぶり
4 2 0
鼻翼を動かす
4 2 0
頬をふくらす
4 2 0
口笛
4 2 0
イーと歯を見せる
4 2 0
口をへの字にまげる
4 2 0

House-brackmann法(麻痺程度の評価法)

House-brackmann法は1955年にBot-man氏とJongkees氏によって提唱されたものである。顔面麻痺の程度を顔全体の印象から段階にわけて記載する方法。~段階に分けて評価する、は正常では完全麻痺とされている。

顔面神経麻痺スコア(麻痺程度の評価法)
グレード
(grade)
安静時 額皺寄せ 閉眼 口角運動 共同運動 拘縮 痙攣 全体的な
印象
正常 正常 正常 正常 正常 なし なし なし 正常
軽度麻痺 対称性緊張正常 軽度~正常 軽く閉眼可能軽度非対称 力を入れれば動くが軽度非対称 なし なし なし 注意して見ないとわからない
中等度麻痺 対称性緊張ほぼ正常 軽度~高度 力を入れれば閉眼可能 非対称明瞭 力をいれれば動くが非対称明瞭 中等度 中等度 明らかな麻痺だが左右差は著明でない
やや高度麻痺 非対称性緊張ほぼ正常 不能 力をいれても閉眼不可 力をいれても非対称明瞭 高度 高度 高度 明らかな麻痺左右差も著明
高度麻痺 非対称性口角下垂鼻唇溝消失 不能 閉眼不可能 力をいれてもほとんど動かず なし なし なし わずかな動きを認める程度
完全麻痺 非対称性緊張なし 動かず 動かず 動かず なし なし なし 緊張の完全消失


House-brackmann法と40点柳原法の互換表(顔面神経麻痺スコア)
house-brackmann 40点柳原法 麻痺程度
grade Ⅰ 40 正常
grade Ⅱ 32~38 軽度麻痺
grade Ⅲ 24~30 中程度麻痺
grade Ⅳ 16~22 やや高度麻痺
grade Ⅴ 8~14 高度麻痺
grade Ⅵ 0~6 完全麻痺

神経障害部位別症状


顔面神経の障害部位によって、症状や予後が違ってくる
顔面神経麻痺b

神経障害部位別症状

顔面筋麻痺 味覚障害唾
液分泌障害
アブミ骨筋
反射障害
涙分泌障害
A核性
B:膝上性
C膝性
D膝下性
Eアブミ骨筋神経下
F鼓索神経下


タイトル
顔面神経麻痺のタイトル
鍼灸院のトップ
翁鍼灸治療院 > 顔面神経麻痺 > 麻痺の評価
翁鍼灸治療院は鍼灸専門の治療院東京都世田谷区
このホームページの全ての画像と文章の複製および無断転載をお断りいたします。
Copyright c Since 2000 * All Rights Reserved  www.ousinkyu.com
鍼灸と針灸