パーキンソン病の鍼灸治療について

パーキンソン病と鍼灸
東京都世田谷区でパーキンソン病の鍼治療 当鍼灸院には大勢のパーキンソン病の患者様が日本各地から通院されています。鍼灸本場の中国や台湾出身の患者様も治療にきています。鍼灸の適応症の中で最も得意分野の一つです。難病の鍼灸治療に力を入れております。パーキンソン病など脳疾患などの難病は高度な鍼灸専門知識と熟練した手技が必要となります。院長が長期間の臨床経験と研究で生みだした「パーキンソン病のため頭皮鍼」の治療を行っています。また、中国最新の難病に対する鍼治療法を研究し、積極的に取り入れ、それを日本鍼灸と融合させ、効果をあげています。当院は東洋医学と中医学(中国の伝統医学)の理論に基づいて、パーキンソン病の方にとって常に一番良い治療をご提供いたします。定期的に鍼灸治療を受けることにより、症状の進行や急に悪化することを防ぐことが多いです。鍼灸治療のことなら何でも気軽にご相談ください。

パーキンソン病の鍼灸治療の現状
パーキンソン病と鍼灸 中国と日本でいままで多くのパーキンソン病の臨床例をまとめてみると、パーキンソン病は鍼灸で完治することはできないものの、症状の改善と進行を遅らせることは可能です。また、治療は西洋医学との組み合わせにより相乗効果が認められています。中国国内の国立針灸研究所で頭皮針を使って、パーキンソン病の患者に治療の研究が行われました。結果は、鍼灸治療は患者の脳の血液循環を改善しました。また、鍼灸はパーキンソン病に原因がある黒質によい刺激を与えて、ドーパミンの分泌を促進し、患者のドーパミンの分泌量を数倍にしたことを明らかにしました。パーキンソン病による振戦、筋固縮、動作緩慢、姿勢反射障害など障害の中で特に筋固縮と無動障害に対して鍼灸治療の有効性が高いです。病気の進行により転ぶ事が多くなり、転ぶと大けがするのでそれが怖いといわれています。パーキンソン病で転ぶのは筋固縮によるものが多いといわれています。臨床では鍼灸で緊張した筋肉を和らげると同時に、身体のアンバランスによる痛みを鍼灸で改善できます。鍼灸治療と同時に筋力強化を図るため他動運動、関節の拘縮を予防するための可動域運動を行うことも大切です。パーキンソン病は発病過程において、自律神経機能が変化を起こすため、鍼灸で自律神経を整えることや免疫力をつけることによって、患者の自然治癒力を引き出すのも一つの目的です。まだ完治する治療法がない現在では針灸(鍼灸)で頑張ってみる価値があると思います。

鍼灸治療は以下の症状改善が見られます

(パーキンソン病に対して鍼灸治療は個人差や症状がよりますので、すべての方に効果が表れるものではありません)

  • 歩行困難の改善、特に早期や症状が軽い方に効果が得られやすい。
  • 西洋医学の薬などの副作用を軽減する、薬の効く時間が長くなった。
  • 振戦の症状が軽減した。
  • 筋肉の緊張による肩・背中の凝りが解消された。
  • パーキンソン病による自律神経失調症が改善された。
  • 姿勢のアンバランスによる腰痛や足の痺れなどが解消した。
  • 足のむくみが緩和された。
  • パーキンソン病によるうつ症状が軽減した。
  • 家族と一緒にでないと来院できなかったが、一人で通院できるようになった。
  • パーキンソン病のかたQOL(生活の質)が高まった。

通院されているパーキンソン病の方の代表例

  • 座っていると自然に身体が傾くようになった。
  • 人より遅れて歩くようになる、まばたきの回数が減る
  • 手足がふるえる。字を書くスピードが遅くなり、小さな字になる。
  • 体の姿勢を変えようとすることがスムーズにできなくなった。
  • 筋肉がこわばって、手や足の動きからスムーズさが失われ、固く縮んだようになる。
  • 表情が乏しくなった。笑顔がめったに見られない。
  • 声がなかなかで出しにくいし、出ても小さい。
  • つまずきやすい。転びやすい。足をひきずる。
  • 背中と肩が異常に凝る。腰痛や足が痛くなる。
  • 便秘、排尿障害、立ちくらみ、発汗異常といった自律神経症状がある。
  • 気持ちが落ち込む、うつ症状もたまにでる。
  • 人と会ったり、外出するのがいやになった。疲れやすい

中国でのパーキンソン病の鍼灸治療

現代中国ではパーキンソン病を針灸治療したのは1955年が最初です。しかし、パーキンソン病の鍼灸治療はその後に試みる人はあまりいなかったのです。70年代の中期になり、上海医科大学附属華山病院が頭部や背部などのツボに刺針してある程度効果を上げてから、徐々に針灸界が注目するようになりました。最近十年はパーキンソン病の針灸治療に関するものが増え、それぞれの治療法ができました。頭のツボへの頭針により脳血流が増加し、脳内の末梢循環を改善できることがわかりました。例えば南京中薬大学王玲玲氏、何崇趙氏らによる「パーキンソン病に対する、頭針による脳血流へのよい影響」の研究発表されました。それによりさらに高いレベルで針灸治療が行われる。中国と日本でいままで多くの臨床例をまとめてみると、鍼灸で完治することはできないものの、ある程度症状の改善と進行を遅らせることは可能です。また、西洋医学との組み合わせにより相乗効果が認められています。

パーキンソン病のページに戻る

翁鍼灸タイトル
翁鍼灸院看板
パーキンソン病のタイトル
翁鍼灸治療院は鍼灸専門の治療院
このホームページの全ての画像と文章の複製および無断転載をお断りいたします。
Copyright c Since 2000 * All Rights Reserved  パーキンソン病
鍼灸と針灸