ギラン・バレー症候群と鍼灸治療

ギラン・バレー症候群の鍼灸治療について
東京都世田谷区の治療院 当院に通院してきたギラン・バレー症候群のかたは、自然にはなかなか改善が見込まれないかたです。緒症状の中に運動神経機能の低下より手足の力が弱くなる場合が鍼灸適応症となります。いままでギラン・バレー症候群の方の鍼治療でよい効果を上げています。鍼灸治療に通いながら病院にも通院しています。西洋医学と並行して治療を行うことで、よりよい効果が期待できます。ギラン・バレー症候群に対して東洋医学の理論に基づいて鍼灸治療を行います。院長が長期間の臨床経験と研究で生みだした難病の独自の鍼治療法を行います。中国最新の難病に対する鍼治療法を研究し、積極的に取り入れ、それを日本鍼灸と融合させます。施術にあたる鍼灸師は全員、日本の国家資格である 鍼灸師の免許を取得しています。東京都世田谷区保健所に登録し保健所の監査を受けております。皆様に安心して鍼灸治療を受けて頂けます。ギラン・バレー症候群の方に鍼灸治療のことなら何でも気軽にご相談ください。

ギラン・バレー症候群とは何か

ギラン・バレー症候群は筋肉を動かす運動神経の障害のため、急に手や足に力が入らなくなる病気です。症状が出る前にのどが痛い、扁桃腺が腫れる、結膜炎、胃腸炎、カゼの症状などが現れます。2週間ほど後になって神経症状が出てくることが多いです。もっとも多い症状は筋肉を動かすための運動神経が壊されることによって、まず足の筋力が低下していきます。症状は2~4週以内にピークとなり、その後は改善していきます。症状の程度はさまざまですが、もっとも症状のひどい場合には寝たきりになったり、呼吸ができなくなることもあります。症状としては軽いことが多いですが、感覚神経の障害も起きることがあります。そのため異常感覚を感じてしまいます。自律神経の障害によって高血圧あるいは低血圧、不整脈などの症状が出ます。

翁鍼灸タイトル
翁鍼灸院メール
翁鍼灸院看板
翁鍼灸治療院トップ > 鍼灸適応症 > 多系統萎縮症
翁鍼灸治療院は東京都世田谷区鍼灸専門
このホームページの全ての画像と文章の複製および無断転載をお断りいたします。
Copyright c Since 2000 * All Rights Reserved  www.ou-hari.com
鍼灸と針灸